TOTAL: 261408 - TODAY: 23 - YESTERDAY: 110

健美楽の手技で体が整う

  1. HOME >
  2. 健美楽の手技で体が整う
「なぜ緊張や不調が続くのか」

●私たち現代人は、人類の脳の適応進化の過程で、本来は不具合が自動調整で正常に機能するはずの、人体の調整システムや細胞修復システムや免疫防御システムが、皆さんの身体や能力にも脳からの指令の誤作動や筋肉の過緊張が起こるのはなぜでしょうか?

●自然と共に生きる人々には無縁の、特に日本のような先進国特有の、様々な労働環境・動作姿勢・生活習慣・食生活・ストレス等々により、体内細胞情報ネットワークの、筋肉や神経や組織や循環系の細胞と脳での、誤った過緊張の信号によって、脳からの緊張緩和の指令信号が阻害されやすくなっていることが、専門家の研究で解ってきました。

●人体ネットワーク情報で、特定部位への緩縮の指令が緊張のままで、離れた関連部位の筋肉や筋膜も縮み、体液循環系や神経系を圧迫し続けることで、人体の組織や筋肉で必要な酸素や栄養や排出が不足し、痛み・歪み・硬結・不調が続き、修復や回復が自動調整で正常に機能できなくなり、病にもつながっていきやすいことも、専門家の研究で解ってきました。



「生理学的に正しい改善の手技や施術とは」

●脳の指令と筋肉の緊張がONのままで、過緊張状態の筋肉の収縮硬結を緩め、疼痛物質・硬結物質を排出し、緊張情報をOFFにして、体液循環系を整える修復システムを活性化するGH(ゴットハンド)整体の手技は、(強揉みの繰り返しで毛細血管が切れた箇所のカルシウムの沈着や防衛反応で筋肉も硬化させ続けることなく)正しくやさしく気持ちよく精神や筋肉の緊張のスイッチをスムーズにOFFにする整体の手技や施術です。
生体に本来備わっている自動調整の機能に働きかける自然の理に叶っている生理学的改善方法であり、GH整体は、身体の様々な改善や効果に導く最新の整体法です。


「なぜ手技で必要な信号を脳へ送り、緊張のリセットや修復が活性化するのか」

●人体には本来備わっている調整回復システムがあり、過緊張をOFFにすべき状態での誤作動もあります。

●人体の筋肉や筋膜や神経の不思議なON/OFFの調整連動を、GH整体のやさしく整える手技や高度な手技で疼痛物質の排出を行うことで、緊張を緩和するホルモンが分泌されて血流で全身の筋肉に届けられ、圧迫が自然に調整・回復されていくとともに、健康で能力が発揮できる身体や精神に変化する喜びと行動習慣の改善が実感できます。